働きやすい職場で女性の仕事の幅は飛躍する

女性の仕事の歴史探索

女性の仕事の歴史を振り返って、これからの働き方を創造しよう

New Topics

About Me

女性の働き方を考えるきっかけとなったのは、市役所の男女共同参画事業推進部でパートのお仕事を始めたことでした。そのお仕事の内容が、女性の社会進出に関する資料の整理で、そこに集められた資料を斜め読みしているうちに、女性の仕事の歴史に興味を持つようになりました。私自身、5年ほどOLをしたあと、寿退社して、出産、ようやく3歳になった子どもを保育園に預けて、再開した仕事がこのパートだったのです。もし、そのとき子育てと仕事を両立できる環境にいれば、今も退職せずに仕事を続けていたかもしれないと考えてみたり、これからまさに子育てと両立できるフルタイムの仕事を探そうと考えてみたり、このパートのお仕事は刺激的なのです。もっと勉強をして、女性の仕事について発信していきたいと思っています。

これからの女性の働き方について

日本は急激な少子高齢化が進み、今後、労働力不足という問題に直面するでしょう。すでに、景気の回復傾向によって、優秀な社員を確保しようと躍起になっている企業もあります。こういった社会情勢の中、注目されるのが女性の仕事です。女性が積極的に社会に出ることができて、「仕事と育児の両立」が可能な働きやすい職場環境の整備が進んでいます。女性たちは歴史の中で、自分がどういった働き方をしたいのか考える時期にきているようです。

女性が働きやすい環境を目指して

女性が働きやすい環境を目指して、2013年、総理大臣が経済界に対して「女性役員の登用」を要請しました。民間レベルだけでなく、政府内でも、女性の活用を成長戦略の中核に位置づけた政策を考えるようになったのです。これは、今後の日本において少子高齢化などの労働力不足が予想されるための対策とも考えられます。これらの政策により、女性役員の登用が増えれば、ワークライフバランスを考えた働き方ができる職場作りをするとこが容易になっていくことでしょう。more

女性が働きやすい環境を目指して

女性の働きやすい仕事

女性が仕事をするとき、人間関係や福利厚生、給与、職場環境、結婚、出産、子育てなど、考えることは数多くあります。これらのことを考えながら仕事を探さなくてはらなないのです。そういったことに対応した企業も多くあります。とくに下着メーカーや、グローバル企業、保険業界、美容業界など、女性が多く働く職場には、企業も支援に力を入れています。とくに病院は、人手不足に悩んでいます。「育児・介護休業法」の改正後、人員の補充を考えている病院は少なくありません。ならば看護師という仕事も検討の必要があるでしょう。more

女性の働きやすい仕事

女性の管理職登用について

現在の日本では、男女が同じように教育を受け、社会に出ると男女の区別なく就職をして仕事をします。優秀な女性は多く、男性と肩を並べて同じ仕事をこなしている人は少なくありません。にもかかわらず、日本企業において女性役員比率は1%以下とあまりにも少ないのです。また、女性管理職をみても、係長相当職以上の管理職に占める女性の割合は8.0%とこれもまた少ないのです。そこで、女性の管理職登用について考えてみましょう。more

女性の管理職登用について

女性の雇用について

景気の回復傾向や、少子高齢化による労働力不足、社会における男女の役割の多様化などによって、今後、ますます女性の雇用は増えると考えられます。今後の動向を危惧する企業の中には、早くも積極的な女性の活用を考えているところも少なくありません。女性が「仕事と育児の両立」ができるように、それらの企業は、さまざまな対策を考え、取り組みはじめています。今まで「仕事と育児の両立」を諦めていた女性にとって、これは大きなチャンスとなるでしょう。more

女性の雇用について